ニュース

【速報】ウインブルドンの中止が決定!2020年はコロナによりテニス自粛【延期はなし】

 

2020年のウインブルドンは中止が決定

コロナウイルス感染拡大防止のため2020年のウインブルドンの中止が決定しました。

 

英スカイスポーツによると「2020年のウインブルドンは中止が決定している」とドイツ連盟のホルドルフ副会長により発表されているとのこと。
大会無観客での実施や延期なども検討されていましたが、今回は中止になるとのことです。

3月に行われる予定だったATP1000マイアミも延期が決定し、テニス業界は一致団結してコロナ対策に力を注いでいくようです。

ウインブルドンはグランドスラムと呼ばれる世界で最も大きな大会の1つです。イギリスはイタリアやフランスなどと比べるとコロナウイルス感染のスピードがそれほど早くないため開催は可能かとも思われましたが世界的に状況が一変しており中断を決意するに至りました。

ウインブルドンが行われないのは1945年以来初めてのこと。これまで大会が行われなかった期間は、第一次世界大戦の1915年〜1918年と第二次世界大戦の1940年〜1945年のみです。

ウインブルドン中止に関する公式の発表は4月1日を予定しています。

ウインブルドンは延期ができない

ウインブルドンが開会されるのは6月29日を予定でした。中止が発表される3月31日時点からは3ヶ月ほどあります。そのため「その頃までにはウイルスに対して適切な対応ができるようになっている」「6月には収まっている可能性は高いだろう」などという意見もありました。

ウインブルドンで使用する天然芝のコートは維持費用がかなります。この芝は夏の期間しか使用することができないため、延期は現実的に難しいという問題がありました。

また、無観客の実施が1つの案として出ていましたが「無観客での実施について、ウィンブルドンが持つ社会的背景の側面から可能性はない」というオールイングランド・クラブ側からの強い希望により2020年は中止が決定したようです。

5月に開幕予定の全仏オープンは延期に

毎年5月に行われる全仏オープンは延期となりました。

延期後の日程は9〜10月ごろを予定しているとのこと。フランスはコロナ感染者が多い地域の1つでもあります。9月開催に向けこのコロナウイルスによる問題は一刻も早い復旧を願うばかりです。