テニスラケット

【2020年度最新版】HEAD(ヘッド)でおすすめの人気テニスラケットランキング

数多くのビックネームのプロテニスプレーヤーが使用している人気メーカーでもあるヘッド。

日本国内ではまだまだメジャーとまではいっておりませんがそのシェアは世界No2の実力を持っています。

そんなヘッドのテニスラケットもたくさん種類があり、どれを買おうか迷ってしまいますよね?

そこで今回はそんな方たちのためにヘッドのラケットの特徴や選び方のポイントとともにランキング形式でおすすめの物をご紹介していきます!

是非参考にしてください。

HEAD(ヘッド)はテニスメーカーとして超有名

冒頭部分でもご説明しましたがHEAD(ヘッド)のテニスラケットは世界で2番目のシェアを誇り、男女問わず名だたるトッププレーヤーの使用率も3位と超大人気です。

全仏オープン2019における男女プロそれぞれのラケット使用率はウィルソンが1位!

2位がバボラでヘッドが3位となります。

なんとあのヨネックスに勝ってるんですね!

国内ではまだまだそんなに有名ではありませんが世界的には大人気のメーカーということがわかりましたね!

中でも競技用ラケットモデルの人気が強く薄ラケシリーズで絶大な支持を獲得しています。

有名どころでいうと。ジョコビッチ選手やシャラポワ選手、ベルディヒ選手が愛用しています。

それでは次にヘッドのテニスラケットな特徴を見ていきましょう。

HEAD(ヘッド)のテニスラケットの特徴

出典:pinterest.cl

HEAD(ヘッド)が作っているテニスラケットには様々な特徴があります。

まず第一に有名なのがその明確なラインナップ。

主なものとしてラジカルシリーズ・プレステージ・インスティンクトといったシリーズと比較的最近のエクストリームとスピードという5シリーズで構成されており、それぞれに明確なコンセプトがあり様々なプレーヤーに合うよう使用感が被っていないということが大きな特徴と言えます。

5機種ともハッキリとした特徴があるのでラケット選びをスムーズに行うことができます。

全体的に統一されている特徴としては心地よいマットな打球感とボールが失速しないのも大きな特徴です。

シェア1位のウィルソンに並んで打球感が特に良いと口コミで評判を得ています。

更にHEAD(ヘッド)のラケットは様々な歴史の過程でグリップを扁平か丸型で選ぶことができるようになっております。

そして、現在ではどのシリーズにも「グラフィン」という柔軟性と強度のある素材が使われており、全体的に【ラケットの軽量化】【フレームの剛性UP】【振動吸収性の向上】を実現することに成功しております。

新たな市場を獲得するためヘッドは他社製品とは異なるタイプのラケット開発に日々励んでおり今後のシリーズにも大きく期待をもてますのでラケット購入を検討している方には目の離せないおすすめのメーカーとなっております。

HEAD(ヘッド)のラケットを使用するのに向いている方

出典:head.com

先にもお伝えした通りHEAD(ヘッド)のラケットは自分好みを忠実に再現することができ、ちょっとしたミスくらいなら抑制することができるため堅実でミスの少ない競技志向の方にピッタリと言えます。

ラケットの完成度も高く、変な癖がないため自分と相性の良いシリーズに巡り合うことができれば使いやすさは申し分ありません。

また、打球感に質を求めている方にもHEAD(ヘッド)のラケットはピッタリです。

しなりのある柔らかい打球感ではなく、湿った感じのガチッとした打球感を得ることができるのでこういった特徴のある打球感がお好きな方にも使用に向いています。

フレームの薄さも特徴なので軽量で剛性のあるラケットをお探しの方は一度店頭で手に持ってみてスイングをするなどして確かめてみるといいでしょう。

主要シリーズ+新機種について

それぞれのシリーズの特徴と2020年1月から注目されている新機種の特徴について具体的にまとめましたので是非自分に合うシリーズを探し出してください。

プレステージシリーズ

プロアマ問わず、正確なコントロールを求めているプレーヤーから高い人気を得ています。

薄ラケなのでラケットのしなりをしっかり感じることができ、芯でボールを打ったときの打球感を底知れない満足感を得ることができます。

ラジカルシリーズ

オールマイティーでどんな場面も想定したのが特徴のシリーズです。

有名トッププロも使用しており、25年以上の歴史を誇るメジャーシリーズと言えます。

薄めのフレームに適度な反発力で扱いやすさはシリーズ随一です。

インスティンクトシリーズ

HEAD(ヘッド)のシリーズの中では最もパワーのあるタイプになります。

上記の薄ラケとは正反対でフレームが厚く相手のボールを楽に打ち返せるようになります。

加えてコントロール性能にも配慮がされておりスイートスポットを外しても「面の暴れ」が少なく、安定性を強く感じることができます。

エクストリームシリーズ

HEAD(ヘッド)のラケットでボールに回転力が欲しいと思っている方には必見のシリーズになります。

近代テニスに順応した形状変化とストリングパターンであちこちにスピンをかけるための機能が備わっております。

スピンで相手を翻弄したい競技志向の方には特におすすめの一品と言えます。

スピードシリーズ

剛性を意識した作りのそれぞれのシリーズと異なり、HEAD(ヘッド)のしなり担当。

フラットビームと言われるフレーム厚が均等なラケットでこれにより安定したコントロールとパワーを実現することが特徴的です。

コントロール性能とパワー性能のバランスが良くボールの飛びは控えめですが苦手なショットのミスも防いでくれるオールマイティーなシリーズと言えます。

こちらのラケットの感触を好む方は似た感じのラジカルシリーズも同時に試してみると良いですよ。

グラビティシリーズ(新機種)

グラフィン360+という素材が搭載された初のシリーズ。

この素材を使うことにより、よりパワーのあるショットを打つことを実現させてくれています。

フレームが幅広な作りになっており、フェイス部分上部にインパクトするように改良されたモデルと言えます。

2020年1月にはプレステージシリーズも同じグラフィン360+を使用したモデルチェンジを行うので更なる進化が期待でき、グラビティーシリーズがしっくりくる方はプレステージシリーズも手に取ってみると良いですね。

ヘッド(HEAD)でおすすめのレベル別人気テニスラケット

ヘッドでおすすめのテニスラケットをそれぞれレベル別にまとめましたのでこれから購入をされる方も買い替えをご検討中の方も是非参考にしてください。

初心者用

グラビティ MP LITE
アレクサンダー・ズベルフ選手のために開発されたヘッドのグラビティーシリーズ。
進化したグラフィン360+を搭載した新型軽量テニスラケットのグラビティMPLITEはスイートスポットの拡大と上部への移動に成功し、近代テニスに必要不可欠な要素を満たしたものとなっている。軽量で扱いやすく、面安定性も優れておりコントロール性能も抜群。更に厚い当たりの感触で威力もでる3拍子揃ったテニスラケットなのでまったくのテニス初心者の方にはピッタリの逸品となっております。
フェイス面積 100平方インチ
重量 280g
フレーム厚 22mm均一
フレーム素材 Graphene 360+
ストリングパターン 16×20
グリップサイズ G1-G3
バランス 325mm
長さ 27インチ
価格 23,870円
グラフィン360 SPEED LITE
ジョコビッチ選手が使用しているモデルとしてすっかりおなじみとなったヘッド(HEAD)のスピードシリーズの6代目モデル。
ベースカラーは初代からずっと続いているホワイトでラケットフレームの全方向にグラフィン360+が使用されており、剛性や面安定性などすべての面において性能が上がっています。
他のスピードシリーズと比べLITEは重量を抑えた仕様となっており、安定感が他のと比べ損なわれているがラケットをしっかりとフリ抜くことができ基礎を身に着けるにはうってつけのテニスラケットです。
初心者から中級者まで扱いやすいく、ソフトテニスから転向した方や、テニススクール初心者の女性などにはピッタリの逸品となっております。
フェイス面積 100平方インチ
重量 265g
フレーム厚 25.0mm
フレーム素材 Graphene 360+
ストリングパターン 16×19
グリップサイズ G1-G2
バランス 340mm
長さ 27インチ
価格 20,240円

中級者用

グラフィン360+ プレステージエス
ヘッド(HEAD)のグラフィン360+プレステージは2020年1月に発売したばかりの最新機種になります。その素材には独自のグラフィン360テクノロジーを使用した作りになっており爽快な打ち心地を実現するスパイラルファイバーを組み合わせた最新テクノロジーを搭載。
近年の厚いグリップに適合させるため扁平グリップから丸型グリップに変更されており、しっかりと握ることができるようになっています。
また、重量感のある独特な打球音の源でもあるフルキャップもしっかりと継承されております。
プレステージにはMID、PRO、MP、TOUR、Sと5機種のラインナップがあり、それぞれスペックが違うので自分のスタイルに合わせて使い分けることができる中級者以上の方におすすめの逸品となっています。
フェイス面積 99平方インチ
重量 295g
フレーム厚 21.5mm
フレーム素材 Graphene 360+
ストリングパターン 16×19
グリップサイズ G2-G3
バランス 325mm
長さ 27インチ
価格 33,000円
グラフィン360 エクストリーム MP
エクストリームMPの素材は軽くて強いカーボン繊維グラフィンタッチを全方向に使用することによってラケットの面安定だけでなく剛性も向上。グロメットをラッパ状にしてメインのストリングを360度動かしやすくしているため、回転力とパワーどちらも納得の仕上がりとなっております。余計な振動を排除しクリアな打球感が印象的で面の安定性と適度な飛びを感じながら気持ちよく打つことができ病みつきになること間違いなし。
振り抜きが良いのでスピンをかけることを意識しなくても自然に回転力が生まれ攻守ともに優れた逸品です。コントロールと回転力重視の中級者以上の方におすすめです。
フェイス面積 100平方インチ
重量 300g
フレーム厚 23/26/21 mm
フレーム素材 GRAPHENE360
ストリングパターン 16×19
グリップサイズ G2,G3
バランス 325 mm
長さ 27インチ
価格 24,750円

上級者用

グラフィン360 RADICAL PRO
剛性にMPよりもがっちりとした感じが特徴的なヘッド(HEAD)のグラフィン360 RADICAL PRO。きちんと振り切ることができないとボールが抜けてしまうことから、上級者以上の方におすすめとなっています。使いこなすことができれば、そのガッチリとしたホールド感で抜群のコントロール性能を発揮してくれます。またパワーロスもなく不快な振動を抑えキレの良いボールを打つことができます。扱いは少々難しいですがパワフルでコントロール性能に優れた逸品となっております。
フェイス面積 98平方インチ
重量 平均310g
フレーム厚 20-23-21mm
フレーム素材 グラフィン タッチ
ストリングパターン 16×19
グリップサイズ G2・G3・G4
バランス 平均315mm
長さ 27インチ
価格 27,489円
グラフィン360 SPEED PRO
ヘッド(HEAD)グラフィン360スピードプロの特徴はなんといってもショットの伸びの良さ。
低い軌道からバウンド後に伸びる球を打つことができます。コントロール性能も抜群でストローカーにも人気のラケット。重さがありフレームが硬めなので当たりの感覚を重視する人にもおすすめで、ラケット面が芯を外してもブレることなく相手の攻めに対しても粘りのテニスをすることができます。
高い面安定性能があるので苦手なショットがなくなり、しっかりと振り抜くことができる人が使えば全体的にプレイの質が上がり、オールラウンダーな逸品となっておりま。
攻守揃った万能ラケットとなっています。
フェイス面積 100平方インチ
重量 310g
フレーム厚 23mm均一
フレーム素材 GRAPHENE 360
ストリングパターン 18×20
グリップサイズ G2, G3, G4
バランス 315mm
長さ 27インチ
価格 30,723円

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は有名テニスメーカーでもあるヘッド(HEAD)のテニスラケットについてご紹介させていただきました。

後半の初心者~上級者向けとしてご紹介させていただいたテニスラケットはどれも扱いやすくレベルに応じて使い分けていけばどんどん上達していけるので是非参考にしていただき貴方のテニスライフを充実したものにしてください。

また、今回紹介させていただいたテニスラケット以外にもヘッドでは素晴らしい物を多数輩出しおりますので一度見てみるのもいいですね♪