テニスバッグ

ヘッドのテニスバックの選び方とおすすめ7選をご紹介!

テニスをするみなさん、テニスバックもこだわりを持って選んでいますか?テニスといえば、テニスラケットやシューズを思い浮かべますが、テニスバックも多様な機能や種類があり、ぜひお気に入りのものを選んで欲しいテニス用品の1つなんです。

そうは言っても、「どのテニスバックを選んだらよいか分からない」「おすすめのテニスバックが知りたい」と思う方も多いと思います。

そこでこの記事では、テニスバックの購入に悩んでいる方に向けて、スポーツ用品を取り扱うヘッドのテニスバックの特徴やおすすめの商品をご紹介します。

あなたに合うテニスバックが見つかると思いますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ヘッドとは

出典:https://www.head.com

「ヘッド」は、オランダのアムステルダムに本社を置く、スポーツ用品ブランドです。1947年にハワード・ヘッド氏がラミネートメタルスキーを考案したことが始まりで、当初はスキーブランドとして誕生しました。

その後、1969年に世界初のアルミ製のテニスラケットの開発を行います。独自の技術で高品質のテニス用品を生み出し、今では初心者からプロ選手まで愛用されるテニスブランドとなっています。

そのほかにも、スノーボードなどのウィンタースポーツやラケットボールなどのラケットスポーツ、ダイビングなど多彩なスポーツ用品を取り扱っており、世界80ヶ国以上で支持されています。

ヘッドのテニスバックの特徴

いろんなメーカーが独自のデザインや収納にこだわったテニスバックを販売していますが、ヘッドのテニスバックの特徴は以下の2点です。

  • ラケットに合わせたデザイン
  • 種類が豊富

詳しく見ていきましょう。

ラケットに合わせたデザイン

ヘッドのテニスラケットやテニスバックには、いくつかのシリーズがあります。今販売されている代表的なシリーズは以下のようなものです。

  • GRAVITYシリーズ
  • Tour Teamシリーズ
  • Radicalシリーズ
  • Djokovicシリーズ
  • Eliteシリーズ

ヘッドのテニスバックのシリーズは、テニスラケットのデザインに合わせて作られているものが多いです。ラケットと揃えたテニスバックが欲しいという方は、 ぜひセットで購入を検討してみてください。

種類が豊富

ヘッドのテニスバックはとにかく種類が豊富。シリーズも多いですが、各シリーズにバックパックタイプや楕円形タイプなど異なるサイズのテニスバックを取り揃えています。

サイズの小さいもので最大2本ラケットを収納できるものや、サイズの大きいものでは最大で12本も収納できるものまで多彩です。

デザインは、黒をベースにし、黄色やオレンジなどの鮮やかな差し色があるものが多い印象です。サイズだけでなく、色の種類も豊富なので、お気に入りのデザインのものが見つかるはず。

また、毎年新たなシリーズのバックがリニューアルされて発売されているので、より新しいタイプのテニスバックが欲しいという方はそちらも要チャックです!

ヘッドのテニスラケットバックを選ぶときのポイント

シリーズや色も豊富なヘッドのテニスバック。どうやって選んだらよいか迷うこともあると思います。そんなときには、以下のテニスバックを選ぶときの4つのポイントを参考にしてみてください。

  • タイプ
  • 収納力
  • 目的
  • デザイン

詳しくみていきましょう。

タイプ

テニスバックを選ぶときは、まずはじめにバックのタイプや形を考えましょう。ヘッドのテニスバックには、主に以下のようなタイプのものがあります。

  • ソフトケースタイプ
  • トートバックタイプ
  • バックパックタイプ
  • トーナメントタイプ
  • ボストンバックタイプ

ソフトケースやトートバックタイプは、基本的には収納できるラケットは1本で、普段の練習用におすすめです。トーナメントタイプやボストンバックは、大きいサイズのもので最大12本ものラケットを収納できます。荷物が多い遠征や大きな試合などに最適です。

収納力

ヘッドのテニスバックは、どれも収納力が高いことが特徴。ですが、いくらたくさん入るからといって、たくさん収納できる大きいサイズのものを購入しても、重くて持ち運びが大変なんてこともあります。

普段持ち運ぶラケットの本数や、シューズ、着替えなど何を収納するのかを考えると良いでしょう。また、量だけでなく、仕切りがあるものやラケットを固定する機能があるなど、使いやすさも重視して選ぶことも大切です。

目的

テニスバックを選ぶ時には、使用する目的を考えることも大切です。試合用に使いたいのか、練習用に使いたいのかによって選ぶとよいテニスバックは違ってきます。

普段の部活動や練習に自転車に乗って行くという方は、大きめのバックよりも背中に背負えるバックパックタイプのものがよいでしょう。

また、テニス用だけでなくレジャーなど普段使いにも使いたいという場合には、トートバックタイプがおすすめです。どんな場面でどのように使いたいのか購入する前にイメージをしておくと、買った後に後悔することがありません。

デザイン

普段よく使うものならなおさら、自分の好きなデザインのものを使いたいですよね。ヘッドのテニスバックは、黒をベースとしてかっこいいデザインのものから、女性にもおすすめな鮮やかな色のものまで種類が豊富です。

どのデザインが良いか迷った時には、普段の服やシューズなどのコーディネートに合わせて選ぶこともおすすめです。

ヘッドのおすすめのテニスバック7選

それでは、ヘッドのおすすめのテニスバックをご紹介していきます。

ヘッド(HEAD) 硬式テニス リュック ラケットバッグ GRAVITY バックパック ラケット2本収納可能 BKTE 283030 ブラック

出典:https://www.amazon.co.jp

ラケットだけでなく、ちょっとした遠出に荷物をたくさん持ち運びたいという方におすすめなのが、GRAVITY BACKPACKです。ラケットは最大2本まで収納でき、内部にはシューズポケット、側面にはサイズ調整ができるドリンクポケットがついています。

フロントのジッパーポケットを開けると、ペンや充電器などの小物を収納できるポケットが複数ついています。

さらに、メインポケットの開口部は大きく作られているため、開けてしまえばどこに何があるのかがすぐに分かり、使いやすさ抜群です。収納力とデザインともに人気のある商品ですよ。

ブラック
素材外側:ポリウレタン100%, 内側:ポリエステル100%
サイズ34×46×24cm
収納本数2本
参考価格¥6,838

2018年NEWモデル!ヘッド ジョコビッチ 6R スーパーコンビ HEAD DJOKOVIC 9R SUPERCOMBI

出典:https://www.amazon.co.jp

2018年に新発売されたDjokovic 9R Supercombiは、今も人気の高いテニスバックです。内部には2つ、外部には1つのポケットがついており、ラケットは最大で6本まで収納でき、テニスに必要なものは全て持ち運ぶことができます。

ラケット用コンパートメントの1つには、温度調節機能 CCT+が搭載され、炎天下での使用でもギアを高温からしっかり守ります。

バックパックキャリーシステムのおかげで、手で持ち運んでも、背中に背負っても使うことができます。サイドには、ジョコビッチのサインとロゴが採用されている点もポイントです。

ブラック
素材内部:65% POLY / 35% TPE、外側:75% Polyester/25% PUg
サイズ 30.5インチx14インチx11.5インチ
収納本数6本
参考価格¥15,617

Head Murray Radical 6r Combiテニスバッグ、ブルー/オレンジ

出典:https://www.amazon.co.jp

Djokovic 9R Supercombiと同様のサイズで、より丸みのおびたデザインとなっているRadical 6r Combi。テニスラケットは最大で6本まで収納できます。

こちらも、温度調節機能 CCT+が搭載され、極端な温度からラケットを守る機能があります。2wayキャリーシステムにより、バックパックとしても、キャリーバックとしてもお使いいただけます。

ブルーとオレンジの個性のあるデザインとユニークな形が特徴で、他のプレイヤーと差をつけたいという方におすすめです。

ブルー×オレンジ
素材80 % Poly / 20 % PU
サイズ31.5 X高さ: 11 x幅: 14インチ
収納本数6本
参考価格¥14,736 

ヘッド(HEAD) テニス リュック (ラケット最大4本装着可能) ツアーチーム バックパック 283149

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらは、ツアーチームシリーズのバックパックタイプのテニスバックです。特徴は、バックパックタイプでは珍しい最大4本ものテニスラケットが収納できること。トーナメントやボストンタイプでは、大きすぎるけどラケットをたくさん持ち運びたいという方に最適です。

シューズ用のコンパートメントが下部についているので、汚れた靴も着替えやタオルなどを汚すことなく収納できるのも嬉しいポイント。

色も黒、ピンク、ブルーの3色から選ぶことができ、老若男女問わずお使いいただけます。部活動でテニスをするお子様へのプレゼントにも人気があります。

ブラック、ピンク、ブルー
素材ポリエステル90%PU10%
サイズ36×55×18cm
収納本数4本
参考価格¥6,956 

ヘッド(HEAD) テニス リュック (ラケット1本収納可能) レディース用 バックパック

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらは、鮮やかなブルーにユニークなサンゴカラーの水玉模様が特徴的である女性向けのテニスバックです。

ラケット用のコンパートメントで、ラケットを1本収納可能。ラケット止めのストラップで固定ができるので、落ちる心配もいりません。

メインコンパートメントには、着替えやタオルなどを収納でき、テニス用はもちろん、普段使いにもおすすめです。おしゃれなテニスバックを探しているという女性のみなさんに是非使っていただきたい商品です。

グレイ×レッド、パープル×グリーン、ブルー×コーラル
素材内側:100% POLY、外側:100% Polyesterg
サイズ31 x 45 x 14cm
収納本数1本
参考価格¥5,717

ヘッド テニスバッグ White 12R Monstercombi/ホワイト 12R モンスターコンビ(283388)ラケットバッグ12本入

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

ホワイト12Rモンスターコンビは、トップ選手が大会で使用する向けに作られたテニスバックです。ホワイトをベースとし、芝生をイメージされる鮮やかなグリーンのロゴが大会を想像されるデザインとなっています。

3つの広いコンパートメントのおかげで、最大12本までテニスラケットを収納できます。荷物の多い遠征での試合にも最適です。コンパートメントの1つには、熱遮断効果のあるCCT +(プラス)が搭載され、暑い日でも温度からギアやストリングを守ってくれます。

試合用の本格的なテニスバックを探しているという方は、ぜひ使ってみてください。

ホワイト
素材80%ポリエステル/ 20%PU
サイズ81×34×44cm
収納本数12本
参考価格¥9,680

ヘッド(HEAD) テニスバッグ ウィメンズ トートバッグ WOMENS TOTE BAG 283269

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらは、Head’s Maria Sharapovaバッグにインスパイアされてデザインされた新しい形のウィメンズトートバックです。

ラケット用ポケットの他にも、小物入れに便利なサイドポケットやジッパ付きポケットがついており、テニスだけでなくレジャーなどの普段使いにも最適。

シューズを入れるための袋もついているので、汚れた靴も袋に入れて持ち運べます。また、肩紐も調整できるので、お好みに合わせてお使いいただけます。

ネイビー×グレー
素材45%ポリウレタン/55%ポリエステル
サイズ幅38.5×奥行18×高35cm
収納本数1本
参考価格¥7,647

まとめ

ヘッドのテニスバックの特徴や選び方、おすすめの商品をご紹介しました。ヘッドのテニスバックは種類は豊富でどれを選んだらよいか迷ってしまう方もいると思います。

どのテニスバックも収納力に優れた使いやすい作りとなっているので、この記事を参考にして自分にあったテニスバックを見つけてください。