テニスシューズ

ナイキ(NIKE)のテニスシューズの選び方とおすすめ商品を紹介!

本記事のまとめ

ナイキ(NIKE)のテニスシューズの選び方とおすすめ商品を紹介します。

テニスを始めたばかりの方は、どのようなテニスシューズを選べば良いか決めるのを悩んでしまいます。テニスシューズには多くのスポーツメーカーか販売されています。今回は、ナイキのテニスシューズについての特徴やおすすめ商品をご紹介します。ナイキのテニスシューズは、スニーカーと同様にデザイン性に優れています。せっかくテニスシューズを購入するのであれば、デザインと機能に優れているテニスシューズを選びましょう。ナイキのテニスシューズについて知りたいという方は参考にしてくださいね。

ナイキ(NIKE)のテニスシューズの特徴

デザインがカッコイイ

ナイキのテニスシューズはカッコイイのが特徴です。カラーバリエーションも多く、テニスシューズと言われないと気付かない方が多いのではないでしょうか。以前ナイキのテニスシューズで流行ったモデルにアンドレ・アガシのシグネチャーモデルがあります。テニスをしない方がスニーカーとして愛用されていました。蛍光カラーを使用していて、今見てもカラーリングやデザインがおしゃれなテニスシューズです。昔から有名な選手と契約をすることで、注目されることが多いナイキのテニスシューズは、機能や性能だけでなく、見た目がが優れているのも人気の理由です。

ラインナップが豊富

出典:https://www.amazon.co.jp

ナイキはほとんどのスポーツに対して専用のシューズの取り扱いがあります。ナイキのテニスシューズには、大きく分けて3タイプのシューズに分けられます。多くのプロ選手も愛用しているので、プレイスタイルや使用するコート、カラーバリエーションも豊富にあるのが特徴です。世界でも人気のブランドでもあり、テニス以外のスポーツでもファンがたくさんいます。ラインナップが豊富にあるので、どれを購入すべきか悩むこともあるかと思いますので、モデルの特徴を理解することが重要です。見た目で選ぶことも重要ですが、履き心地が自分に合っているか確認をしてから購入しましょう。

男女共に探しやすい

ナイキのテニスシューズは、男性向けモデルも女性向けモデルもどちらの種類も豊富にあります。また、男性向けモデルで気に入ったデザインだとしても、女性用にもラインナップしているので、安心して好きなデザインのテニスシューズを購入できます。どちらの性別に向けてもデザインを充実させているのはおすすめのポイントです。男性向けモデルと女性向けモデルの違いは、ワイズやソール部分が変更されてることがあります。男性と女性では筋力や骨格が違うため、クッション性やソールの高さまで考えてあります。ナイキのテニスシューズは、性能やデザイン性が優れているだけでなく、どちらの性別によっても細かい工夫もされています。男女共にお気に入りの見つけやすいスポーツブランドといえるでしょう。

Zoom Airユニット

出典:https://www.amazon.co.jp

ナイキのテニスシューズの特徴は、Zoom Airユニットを採用していることです。Zoom Airユニットは、ミッドソール部分に埋め込まれているナイキが独自に開発したシステムです。衝撃がかかると元に戻ろうとする力を利用して高いクッション性を感じることができます。また、クッション性以外にも、元に戻る力を利用することで、瞬発性をサポートすることも可能です。テニスシューズ以外でもランニングシューズやバスケットボールシューズなど多くのスポーツシューズに採用されていて、クッション性や瞬発力以外にも、軽量で耐久性にも優れているので、パフォーマンスの向上に繋がります。ヒール部分は、薄型になっているので、機能性だけでなく、デザイン性も同時にこだわることができます。

多くの有名選手が使用している

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

ナイキのテニスシューズはトッププロの多くが使用していることでも有名です。日本人の選手で言えば、錦織圭選手が2017年から契約をしています。ロジャー・フェデラー選手やラファエル・ナダル選手、マリア・シャラポワ選手などグランドスラムで活躍している選手が使用しているので、テレビで見たことがある方もいるのではないでしょうか。多くの選手と契約をしているナイキだからこそ、多くのシグネチャーモデルがあるのも特徴です。憧れの選手と同じテニスシューズを使いたいと考えている人は、シグネチャーモデルを購入するのがおすすめです。

ナイキ(NIKE)のテニスシューズの選び方

ここまでは、ナイキのテニスシューズの特徴についてご紹介しました。ここからは、ナイキのテニスシューズを購入する場合の選び方についてご紹介します。ナイキのテニスシューズには豊富な種類があるので、まずは使用するコートやプレイスタイルに合わせて選ぶのがおすすめです。自分にあったテニスシューズを選べるようにポイントやおすすめのモデルを見ていきましょう。

コートで選ぶ

テニスシューズには、対応できるコートが違います。コートに合ったテニスシューズを使用しないとテニスがプレイしづらいだけでなく怪我の原因になる可能性もあります。購入するときには、適したテニスシューズか確認をしましょう。

オムニコート・クレーコート

オムニコートは、日本で一番多いテニスコートです。人工芝に砂が混ざっています。コートが柔らかいために足の負担が少ないです。クレーコートは、土と砂でできたコートです。どちらのコートも滑りやすいのが特徴で、オムニ・クレーコート用のテニスシューズはグリップがしっかりとしています。グリップ力があるので、滑りやすい地面を踏ん張ることができます。

ナイキのオムニ・クレーコート用テニスシューズは以下

  • オムニコート用:エア ズーム ウルトラ リアクトなど
  • オムニ・クレーコート用:ヴェイパー コートなど

ハードコート

ハードコートは、世界で最も多いコートです。日本ではあまり馴染みがありませんが、世界で普及しているのはハードコートです。4大大会の全米大会と全豪大会の2つがハードコートとなっています。ハードコートの特徴は、コートが硬く滑りにくいです。ハードコート用のテニスシューズはクッション性に優れている特徴があります。長時間プレイしても足が疲れにくく、グリップ力がないので、捻挫する心配もありません。

ナイキのハードコート用テニスシューズは以下。

  • ハードコート用:エア ズーム ヴェイパー 10など

価格で選ぶ

テニスシューズを選ぶときには、価格で選ぶことは重要なポイントです。とくにナイキはスニーカーの価格が高いので、テニスシューズも高いのではないかと心配になってしまいます。しかし、安心してください。5000円以下で購入できるエントリーモデルもありますし、10,000円以上のハイスペックモデルもあります。予算の合ったテニスシューズを見つけることができます。

10,000円以上

予算が10,000円以上あるのであれば、ナイキのテニスシューズのエア ズーム ヴェイパー X HCやエア ズーム ゼロ HCがおすすめです。前者のテニスシューズは、14000円前後で購入できるナイキのテニスシューズで、ハードコートに対応しています。Dynamic Fitシステムを採用することで、足を包み込んでぴったりフィットさせます。ハードコートでも安定してすばやく切り返しすことができます。後者は、10000円前後で購入可能です。同じくハードコート向けですが、ソールが厚いのでクッション性能に優れたテニスシューズです。10000円以上のナイキのテニスシューズはそれぞれ特徴が異なります。実際に履いて自分に合っているシューズを選びましょう。

10,000円未満

10000円以下でナイキのテニスシューズを購入する場合は、メーカー設定価格が10000円以下の現行モデルを狙うか、前上位モデルのテニスシューズを購入することができます。エア ズーム レジスタンスやエア マックス ワイルド カード HCはなどが一例です。2つのテニスシューズは、公式サイトから取り扱いのあるモデルです。10000円未満のナイキのテニスシューズでも、ナイキの独自の技術であるZoom Airユニットを採用しているので、クッション性に優れています。フットワークが苦手な方も前に出てネットプレーをしたいときにもおすすめです。

5,000円以下

ナイキのテニスシューズを予算5000円以下で購入する場合は、店舗で購入するかネットショッピングがおすすめです。ナイキの公式サイトは、定価で販売されているので、ほとんどのテニスシューズが10000円前後の価格となります。5000円以下のナイキのテニスシューズは、エントリーモデルか旧型のモデルが中心に販売されています。

サイズで選ぶ

足のサイズには、足長と足囲の2つを元に選びます。サイズが適切でないと納得できるプレイができないだけでなく、怪我の原因にも繋がります。しかし、テニスシューズを販売しているメーカーによって装着したときのサイズ感が違いますので、サイズを確認すると共に、改めて足の大きさを測ることをおすすめします。足のサイズを測る方法は、店舗で測る足型測定と自分自身で測る方法があります。自分で測る場合は、かかとの中心から最も長い指の長さが足長です。親指と小指の付け根の一番出ている場所を一周した長さが足囲となります。ナイキのテニスシューズを選ぶときに参考にしてください。

男性用

出典:https://www.amazon.co.jp

ナイキのテニスシューズは、24.5から30センチまで0.5刻みでラインナップしているのが特徴です。他のメーカーのテニスシューズよりも大きいサイズまで対応しています。足が大きい方も安心してお気に入りのテニスシューズを見つけることができます。

女性用

出典:https://www.amazon.co.jp

女性用のテニスシューズの場合は、22.5から26センチと男性よりもサイズのラインナップが少ないです。他のメーカーと同じようなラインナップとなります。ナイキの公式サイトには、ユニセックスのテニスシューズの取り扱いがありません。女性のために考えられて作られた専用のテニスシューズを選んでください。

子供用

出典:https://item.rakuten.co.jp

ナイキの子供用のテニスシューズは、16.5から22センチまで対応しています。子供のテニスシューズといって大きめのシューズを選ばずに適切なサイズを選ぶようにしてください。成長してすぐに靴のサイズが変わるからといって大きめのテニスシューズを使うことは、膝や腰を痛める原因となります。成長期である子供のテニスシューズだからこそ正しいサイズ選びは重要です。子供用のテニスシューズを選ぶポイントは、爪先が10ミリ大きいシューズを選ぶことです。もしも大きめのシューズを購入するのであれば、中敷を入れて調整してください。子供用のテニスシューズのサイズを選ぶときには、JIS規格にあるKIDS用のサイズ表と照らし合わせてサイズを決めましょう。

履き心地で選ぶ

左右前後に走り回ることが多いテニスでは、テニスシューズの履き心地も重要なポイントです。プレイスタイルやクッション性が合わないと走りにくいシューズになってしまいます。テニスシューズを選ぶときに着目したい点について解説します。

走りやすさ

テニスシューズを購入するときには、走りやすいさに注目してください。はじめてテニスシューズを購入する方は、必ず試してから購入することをおすすめします。テニスシューズはスニーカーと履き心地が全く違います。エア ズーム ヴェイパーシリーズは前後の動きにも対応しているモデルです。左右の動きに対応したいのであれば、エアズーム ケージシリーズがおすすめです。

グリップ力

グリップ力は、使用するコートによって変える必要があります。オムニ・クレーコートの場合は、グリップ力のあるテニスシューズを使用することで左右への切り返しをスムーズに行えます。しかし、ハードコートでグリップ力があるテニスシューズを使用すると、グリップが効きすぎて足を怪我してしまう可能性があります。使用するコートによってテニスシューズを選びましょう。

耐久力

最後にテニスシューズの履き心地で大切なことは、耐久力です。テニスシューズを購入しても耐久力がないと何度も買い換えることになります。部活で使用している場合は、毎日テニスをすることが多いので、いつもよりは買い換えるタイミングが早くなります。しかし、週に一度程度しかテニスをしないのであれば、耐久力もあり、履き心地が良いテニスシューズがおすすめです。せっかく購入したのに履き心地が悪かったり、何回も履いていないのにソールが壊れたといったことにならないようにしましょう。摩耗防止層を採用しているかどうかも購入するときに確認してください。

プレイスタイルで選ぶ

トッププロによっても得意なプレイスタイルがあるように、テニスシューズはプレイスタイルによっても選ぶ種類が変わります。プレイスタイルには大きく分けて2種類あり、サーブ&ボレーとストロークがあります。サーブとボレーを中心に相手を攻めて得点を取るのか、ストロークを中心にして相手の動きをコントロールして得点を取るのかです。オールラウンドプレイヤーもいますが、まずはそれぞれのプレイスタイルに合ったテニスシューズを見つけることが重要です。

サーブ&ボレー

サーブ&ボレーで相手を攻めて得点を取る場合は、フットワークと瞬発性が重要となります。フットワークを行うためには、軽量モデルがおすすめです。ナイキのテニスシューズは、Zoom Airユニットを採用しているので、ほとんどのモデルの重量は軽くなります。瞬発力に優れているモデルは、エアズーム ヴェイパー Xです。搭載しているPhylonミッドソールは、軽量だけでなく高反発でクッション性に優れています。前後に動くことが多いサーブ&ボレーのプレイスタイルで積極的に攻撃を仕掛けることができます。

ストローク

ストロークを中心にテニスを展開したいのであれば、適度な重量感があるテニスシューズを選んでください。先ほど紹介したエアズーム ケージ3がおすすめです。ベースラインプレイヤーとして世界で活躍しているラファエル・ナダル選手が使っているモデルを選んでおけば間違いありません。

機能で選ぶ

テニスシューズを選ぶときに重要なポイントが機能です。見た目だけ良くてもテニスをすることはできません。せっかくテニスシューズを購入するのであれば、テニスをするのに適したシューズを購入しましょう。

軽量性

テニスはテニスコートの中を走る必要があります。ポイントが入るまでフットワークをしたり、左右前後に走ります。足の疲れを軽減させるために重要なポイントがテニスシューズの軽量性です。とくにプレイスタイルがサーブ&ボレーの方は軽量性を重視してください。ストロークプレイヤーの場合は、安定性が重要ですので、走りやすいか確認をしてください。

耐久性

テニスシューズはずっと使うことができません。お気に入りのテニスシューズが見つかってもソールが壊れてしまったり、サイズが合わなくなったときには交換が必要です。趣味のてインススクールに通う場合と部活で毎日使用する場合では選ぶポイントも変わります。テニススクールで使用するときには、耐久性の高いテニスシューズがおすすめです。ナイキのテニスシューズでは、ジェネラティブデザインや摩耗防止層を採用することでアウトソール部分を強化しています。

クッション性

左右前後に走り回るだけでなく、ジャンプをしたり、切り返しを行うテニスは足への負担もかかります。負担を少なくするためには、クッション性に優れたテニスジュースを選ぶ必要があります。ナイキのテニスシューズには、Zoom Airユニットを採用しているので、多くのモデルがクッション性に優れています。

デザインで選ぶ

出典:https://www.amazon.co.jp

テニスシューズの対応しているコートの種類や機能などが理解できて、購入する候補が決まってきたら、最後にテニスシューズのデザインで決めます。ナイキのテニスシューズには、豊富なカラーバリエーションと形があります。購入するときに迷わないようにしてください。

色で選ぶ

ナイキのテニスシューズは、シンプルに1色のモデルとグラデーションカラーのモデルなど豊富なカラーバリエーションから選べます。例えばエア マックス ヴェイパー ウィング MSはナイキのマークのみのシンプルなデザインのテニスシューズです。白を基調としているので、学生に人気のモデルです。エア ズーム ヴェイパー Xはブラックとゴールドを使用しているカラーも取り扱いがあるので、他の人と違ったテニスシューズを探している方に人気があります。

形で選ぶ

テニスシューズにはハイカットモデルとローカットモデルなどさまざまな形があります。ナイキのテニスシューズでも、フレアシリーズではハイカットモデルとして足首を固定させることができます。形によっても機能性が変化するので、見た目以外にも重要となります。

素材で選ぶ

ナイキのテニスシューズには、メッシュや合皮を使っているので、使用する環境によっては、履き心地が悪くなります。ナイキのテニスシューズには、スポーツシューズとして適している素材を使用していますが、実際に履いてみないと素材による違いや見た目の雰囲気はわかりにくいです。実際に見て質感や肌触りも試してみてください。

使っている選手

ナイキのテニスシューズは世界的にも多くのファンがいます。ナイキのテニスシューズにファンが多い理由は、たくさんのプロの選手がナイキのテニスシューズを使って大会で活躍しているからです。ここでは、代表的な5名の選手が着用しているモデルとその特徴をご紹介します。

ロジャー・フェデラー選手着用

出典:https://www.amazon.co.jp

史上最高の選手と呼び声が高いのが、スイスのロジャー・フェデラー選手です。20年もの長い間ナイキと契約していることでも有名です。そんな彼が着用しているモデルがズーム ヴェイパー 9.5 ツアーです。Nike ZoomユニットとDynamic Fitシステムを採用することで、クッション性にも装着感にもこだわりがつまっています。ネットプレイもストロークもこなすフェデラーのオールラウンドのプレイスタイルと相性抜群です。ロジャー・フェデラー選手に憧れてテニスをはじめて方も多く、憧れて同じテニスシューズを購入する方も大勢います。

ラファエル・ナダル選手着用

出典:https://item.rakuten.co.jp

クレーコートが得意で史上最高のレフティーとして注目されているのが、ラファエル・ナダル選手です。彼が着用しているテニスシューズは、エアズーム ケージ3です。ハードコート向けのテニスシューズとなっていて、軽量のCPUケージとヘリンボーンパターンを施したアウトソールが特徴的です。ベースラインプレイヤーとして活躍している彼のようにしっかりとフットワークを行い、強烈なトップスピンをかけたショットを打ちたい方に人気のシューズとなっています。

錦織圭選手着用

出典:https://www.amazon.co.jp

エア ズーム ヴェイパー X LTR QSは錦織圭選手のシグネチャーモデルとして登場したモデルです。シューレースにはカタカナでナイキコートとプリントされていることも注目を浴びたテニスシューズです。もちろん、見た目だけでなく、機能面でも優れています。超軽量仕様となっていて、軽量化だけでなく爪先にラバーを使用することで耐久性にも優れています。基本的には、ベースラインでプレイをしますが、チャンスのときにはネットプレーを行うオールラウンダーとして活躍していて、世界ランク最高4位のアジア人最高プレイヤーです。テンポ良く攻める彼に合ったテニスシューズとなっています。

ニック・キリオス選手着用

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

次世代ナンバーワン候補として活躍しているのが、ニック・キリオス選手です。彼のプレイスタイルは、変幻自在のオールラウンダーです。状況に応じてストロークをしてカウンターを狙ったり、前に出てネットプレイをしたりします。そして、とくに強力な武器が193センチの長身から繰り出すサーブです。220キロの近いスピードのフラットサーブはビックサーバーとしても活躍できます。彼が使用してるテニスシューズは、エア ズーム ヴェイパー Xです。さまざまなプレイスタイルに対応できるように装着感も機能性も優れているモデルです。どんな動きにも耐えられるように耐久性を考えて開発されているのも特徴です。

マリア・シャラポワ選手着用

出典:https://item.rakuten.co.jp

マリア・シャラポワ選手はズーム ヴェイパー9ツアーを2年以上履いてテニスをプレイことでも有名な選手です。最新モデルは、ズーム ヴェイパー9.5ツアーとなっています。先ほど紹介した錦織圭選手も使っていたことがあるテニスシューズです。マリアシャラポワ選手は、世界ランキングの最高は1位でグランドスラムを達成しています。プレイスタイルは強力なサーブとベースラインで力強いストロークで勝負を行うパワープレイヤーです。ベースライン上でストローク勝負をしたい方におすすめのテニスシューズとなっています。メッシュ素材を使用しているので、通気性が良く長時間プレイしていても快適にテニスができるのもポイントです。

ナイキ(NIKE)のおすすめのテニスシューズランキング10選

10位 エア ズーム ヴェイパー X HC
エア ズーム ヴェイパー Xは、軽量でフィット感が優れているので、サーブ&ボレーのプレイスタイルの方におすすめのテニスシューズです。軽量モデルですが、TPUシャンクとZoomAirユニットも採用しているので安定してストロークを打ちたい人にも人気があります。オールコート用のテニスシューズですので、コートを選ばずにテニスができます。
コートオールコート
参考価格10989円
履き心地
種類ヴェイパーシリーズ
9位 エア ズーム ヴェイパー ケージ 4 HC
エア ズーム ヴェイパー ケージ 4は、オールコート用のテニスシューズです。過酷な試合にも対応できるように、耐久性に優れたラバーを使用しているのが特徴です。滑りやすいオムニコートやクレーコートで使用するときには、スライドをしても靴紐が邪魔にならないように隠しシューレスがあるのもポイントです。
コートハードコート
参考価格11220円
履き心地
種類ヴェイパーケージシリーズ
8位 エア ズーム ヴェイパー X カイリー5 “NYC” ニック・キリオスモデル
エアズーム ヴェイパー X HCは、バスケットボールコートとテニスコートが融合した珍しいデザインです。バスケットボール選手であるカイリー・アービング選手をイメージして作られています。バスケットシューズのようにハイカットモデルではありませんが、フィット感が良いので、コートを走りやすいモデルとなります。他の人と同じテニスシューズを選びたくない人におすすめです。
コートオールコート
参考価格29800円
履き心地
種類ヴェイパーシリーズ
7位 エアズーム ヴェイパー X HC
エアズーム ヴェイパー X HCは、デザインにもこだわりたい人におすすめのモデルです。テニスシューズでは珍しいゴージャスなカラーで、履いていると目立つこと間違いありません。見た目だけでなく性能もしっかりとしていて、反発感がしっかりとしているので、フットワークをしやすいテニスシューズです。
コートオールコート
参考価格14999円
履き心地
種類ヴェイパーシリーズ
6位 エア ズームヴェイパーケージ 4 HC ラファエルナダルモデル
エア ズームヴェイパーケージ 4 HC オールコート用 ラファエルナダルモデルは、左右非対称のレース構造が特徴です。左右非対称にすることで、側面にある堅いフレームを安定させることができるので、ストロークを打ち合うときにもしっかりと踏ん張れます。フィット感も向上しているので、左右に振られても走りやすいテニスシューズです。
コートオールコート
参考価格20800円
履き心地
種類ヴェイパーケージシリーズ
5位 エアズームヴェイパー X ニット HC
エアズームヴェイパー X ニット HCは、オールコート向けのテニスシューズです。Phylonミッドソールとダイナミックフィットシステムを採用することで、フィット感だけでなくクッション性も優れたテニスシューズとなっています。耐久性もあるので、長い間コートを選ばずに使えるテニスシューズです。
コートオールコート
参考価格20800円
履き心地
種類ヴェイパーシリーズ
4位 エア マックス ワイルドカード HC
エア マックス ワイルドカード HCは、ハードコート向けのテニスシューズです。ヒールに内蔵されたMax Airユニットは、クッション性が優れているので、ハードコートでも足に疲労が溜まりにくく、安定してプレイを行うことができます。早い動きにも対応できるので、ハードコート初心者から上級者まで安心して使えるシューズです。
コートハードコート
参考価格7657円
履き心地
種類ワイルドカードシリーズ
3位 エア ズームケージ3 HC
エア ズーム ヴェイパー ケージ 3 HCは、ナイキのテニスシューズ史上最軽量を実現しているモデルです。軽量モデルですが、独特のケージデザインを採用していることにより、耐久性とクッション性にも優れています。摩耗しやすいハードコートでも安心して使えるテニスシューズです。
コートオールコート
参考価格13999円
履き心地
種類ズームケージシリーズ
2位 エア ズーム ゼロ HC
エア ズーム ゼロ HCは、コートでの履き心地を追求したテニスシューズです。ハードコートで使用しても足に負担がかからないように、フルレングスのZoom Airユニットを採用しています。かかとから前足部までクッション性に優れています。他にも、軽量化のために、ラバーアウトソールの中央がくり抜かれているのも特徴です。
コートオールコート
参考価格12149円
履き心地
種類ズームゼロシリーズ
1位 エア ズーム ヴェイパー X HC
エアズームヴェイパー X HCは、上下左右の動きに対してしっかりとサポートすることができるテニスシューズです。つま先部分にラバーを追加することにより、前モデルよりも耐久性も向上しています。オールコート向けのテニスシューズですので、コートを選ばずに最適なプレイができます。
コートオールコート
参考価格11220円
履き心地
種類ヴェイパーシリーズ

 

まとめ

ナイキのテニスシューズには、世界中にたくさんのファンがいます。テニス以外にも多くのプロ選手と契約をしていることもあり、知名度もあります。しかし、多くのトッププロが安心してプレイできる技術があるのがナイキだからです。その結果、多くのプロ選手と契約をすることができています。ナイキのテニスシューズは、性能や機能が優れているだけでなく、デザインも優れているのも特徴です。お気に入りの一足を見つけてみてはいかがでしょうか。