テニスウェア

人気ブランド別レディースおすすめテニス帽子|キャップorサンバイザー

女性がテニスをするときは、日焼けを気にする人が多いのではないでしょうか?
どんなテニス帽子がいいのか迷いますよね。

通気性やUV機能など実用面とは別にカラーやデザインが豊富なものが多く、おしゃれも楽しめるようになりました。

人気ブランド別におすすめテニス帽子を紹介しますので、参考にしてみてください。

テニス帽子の種類について


テニス帽子には、「キャップ型」と、「サンバイザー型」の2種類があります。
どちらも太陽の刺激から頭部を守ってくれて有効です。

それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

キャップ

  • メリット
  • 頭がすっぽり覆われているので、熱中症対策に抜群
  • プレイ中、サンバイザーよりキャップがずれてくることが少ない
  • 汗が額に流れてこない
  • デメリット
  • 頭部がすべて覆われていることで、気密性が高く蒸れてしまうことがある

サンバイザー

  • メリット
  • ツバが広いものが多く、顔全体の日焼け効果がある
  • 髪の長い女性にも着けやすい
  • デメリット
  • 頭頂部部分は覆われていないので、キャップよりも直射日光の影響を受けやすい

テニス帽子を選ぶポイント

種類やブランド別などテニス帽子を選ぶ選択肢は多いです。
どれを選べばいいのかわからなくなってしまいますよね。
先ほど述べたテニス帽子のメリット・デメリットを踏まえて、テニス帽子の選ぶポイントを3つに絞りました。

ポイント①通気性や速乾性

テニスは汗をかくスポーツです。
テニス帽子を選ぶときは、メッシュタイプ素材で通気性を確保することや、かいた汗をすぐに吸収し、乾燥が早い素材を選ぶことが大切です。

ポイント②UVカット機能性

テニスを始めてみたいけれど、日焼けするのが嫌だという女性も多いと思います。
屋内テニスコートもありますが、青空の下でするテニスの爽快感はストレス発散にもつながります。
UVカット機能を基準に選ぶことで、女性の一番の天敵である「紫外線」から頭部や肌を守ります。

ポイント③やる気がアップするデザイン性

上記2つの機能性はもちろん大切ですが、テニスを楽しむ気持ちは長続きさせる秘訣の1つです。
その気持ちを持ち続けるためには、テニスウェアにこだわることではないでしょうか。自分好みのテニス帽子を選びましょう!

人気ブランド別おすすめテニス帽子9選

テニス帽子を選ぶ3つのポイントを押さえながら、人気ブランド9社のおすすめキャップとサンバイザーを紹介します。

ヨネックスのおすすめテニス帽子

ヨネックス社は「スポーツごころを世界に」をスローガンに掲げているほど、スポーツに強い思い入れがある会社です。
ヨネックスのテニス帽子は、2012年日本ソフトテニス連盟のユニフォーム着用基準で作られました。スポーツの分野に強い会社がテニス専用として作られたことに、安心感があります。
カラーが豊富で、男女兼用のデザインのものが多いため家族やカップルで共有できるのが特徴です。

キャップ

「ヨネックス テニスウェア メッシュキャップ 40007」は、

  • 豊富なカラー展開

(ブラック・ホワイト・レッド・エメラルドグリーン・イエロー・ネイビーブルー・ピンク・ブルー・ブラック&ピンク)

  • 子供から大人まで調整可能な背面ホック式
  • UVカット機能あり
  • メッシュ素材で、通気性に優れている
  • 自宅で洗濯可能(手洗い)

サンバイザー

「ヨネックス ベリークールサンバイザー 40036」は、

  • 女性にはうれしいビビットカラー多め
  • 衣服内温度を3℃下げる効果があると言われる「Very Cool機能」搭載で、暑い日差しでも涼しさキープ
  • 汗や熱を素早く放出、汗をかいてもすぐに乾燥する特殊メッシュ素材
  • ツバが広く、紫外線を約90%以上カットする酸化チタン繊維採用

ナイキのおすすめテニス帽子

ナイキといえば、スニーカーなどのスポーツ用品を扱う世界トップレベルのアメリカの会社です。
ナイキの帽子は、豊富なカラーバリエーションはなく、ナイキのシンボルマークを目立たせるため落ち着いた色が多いのが特徴です。

キャップ

「ナイキ ランフェザーライトキャップ AR1998」は、

  • さらりとした状態をキープできるポリエステル素材のDry-Fitテクノロジー採用
  • 速乾性に優れている
  • 通気孔がいくつかあり、通気性に優れている
  • 着けていることを忘れるかのような軽量さ

サンバイザー

「ナイキ Wsエアロビルバイザー 892740」は、

  • 汗を発散する生地を使用したナイキエアロビルテクノロジー搭載で軽量
  • 汗止めバンドは柔らかくて吸収性に優れている
  • クロージャーでぴったりと調整可能

ミズノのおすすめテニス帽子

ミズノは、老舗スポーツメーカーです。
より良いスポーツ用品を提供することで、「スポーツの力で世界中の人を幸せにすること」「日常生活まで豊かにすること」を目指している会社です。
ミズノの帽子は、ツバの部分にデザインが施されているものもありますが、基本的にシンプルなデザインが特徴です。

キャップ

「ミズノテニスキャップ 62JW8002」は、

  • メッシュタイプで通気性抜群
  • ポリエステル素材100%で、吸汗速乾に優れている
  • カラーバリエーション豊か

(ピンク・シアン・ブラック・ブラック&ゴールド・ブラック&レッド・ホワイト&シアン・ホワイト&ピンク)

サンバイザー

「ミズノ UV対策バイザー」は、

  • ツバは11センチと長めで、紫外線カット率が高い
  • 顔まわりまでしっかりガードするクリップバイザー搭載
  • デオドランド機能がついたものもあり、汗の臭いを気にせずプレイができる

アディダスのおすすめテニス帽子

アディダスは、ドイツに本社を置くスポーツ用品メーカーです。
アディダスの帽子は、定番のものからデザイン性に富んだものまで数々あり、テニスだけでなく普段使いもできる商品が多いです。
暑い季節に向けて素材にこだわっているという特徴があります。

キャップ

アディダスメッシュキャップ スポーツ アスリート adk-100711413」は、

  • 全体的にメッシュ素材ですので、吸汗速乾機能抜群
  • 4色展開(グレー・ホワイト・ネイビー・サンド)で、シンプルな色とデザインでカップルや家族で共有しやすい

サンバイザー

アディダス UVサンバイザー ETX25」は、

  • UPF50+機能搭載で、紫外線をブロック
  • アディダスの最先端テクノロジーである「climachill(クライマチル)」と「climacool(クライマクール)」の開発によって、圧倒的な吸汗機能と内部に暑さを外部に放出するメッシュ素材を搭載し快適な着け心地を再現

参考:UPFとは、紫外線遮蔽率のことです。どのくらい紫外線を遮断できるかという目安を表します。

ウィルソンのおすすめテニス帽子

2014年に創立100周年を迎えたスポーツ用品ブランドです。
ウィルソンのWをあしらったシンプルなロゴデザインと、女性に人気の高いかわいいクマのキャラクターロゴの商品があるのが特徴です。

キャップ

「ウィルソン ウルトラライトキャップ WRA7771」は、

  • 側面と後部にパンチングメッシュが施されていて、通気性に優れている
  • サイズ調整は、マジックテープ式で簡単
  • ブルー・ブラック・ホワイトのシンプルカラー展開でどんなテニスウェアでも合わせやすい

サンバイザー

「ウイルソン クリップバイザー WBV2027L」は、

  • ツバが広く、紫外線対策に優れている
  • シンプルカラーで、クマのキャラクターが引き立つ
  • ツバの部分に4種類(ピンク・ブラック・ホワイト・レッド)のカラーアクセントあり

ディアドラのおすすめテニス帽子

ディアドラとは、古代ギリシャ語で「神より賜れし至上の贈り物」という意味を持つイタリア発のブランドです。
もともと革製品を取り扱う会社でしたが、1965年からスポーツ用品に力を入れ始め、1970年にトッププレーヤーがディアドラ商品を取り入れたことから認知されるようになりました。
ロゴのみをあしらったシンプルなデザインの商品が多く、女性好みのパステルカラーの商品が多いのが特徴です。

キャップ

「ディアドラ レディスキャップ DTA0746」は、

  • ポリエステル100%素材で、吸汗速乾機能あり
  • 帽子前面にディアドラのロゴのみのシンプルなデザインの中に、ツバにワンポイントアクセントとしてラインがおしゃれ

(カラー展開は、ネイビー×ホワイト、ホワイト×ピンク、ホワイト×ブルー、ブラック×ホワイト)

サンバイザー

「ディアドラ レディス サンバイザー DTA9791」は、

  • ポリエステル100%素材で、汗を素早く吸い取り乾燥が早く、快適にプレイができる
  • ツバとサイド部分に、モコモコデザインあり

バボラのおすすめテニス帽子

「バボラ」は、フランスに本社を置くラケットスポーツ専門メーカーの会社です。
もともと弦楽器の弦を製造していて、そこからラケットのガットに応用したことが始まりです。
テニス用品が主ですが、バトミントン用品にも力を入れています。
テニス帽子は、国際テニス連盟から適応商品と認められている商品があるのが特徴です。

キャップ

「バボラ テニスキャップ BTAOJC05」は、

  • 国際テニス連盟および日本テニス協会服装規約適応商品

(吸汗・速乾・消臭・UVカットなどの一定基準をクリア、公式試合にも出場できる)

  • デニム素材で個性的なデザイン

サンバイザー

「バボラ テニスバイザー BTCLJC00」は、

  • 国際テニス連盟および日本テニス協会服装規約適応商品

(吸汗・速乾・消臭・UVカットなどの一定基準をクリアして、公式試合にも出場できる)

  • パステルカラーでシンプルなデザインなので、合わせやすい(カラー展開は、ピンクとブルー)

プリンスのおすすめテニス帽子

「プリンス」は、テニス用品メーカーとして有名な会社です。
テニスボールマシンの製造に始まり、テニスラケットなどのテニス用品の製造に拡げてきました。
全体的にシンプルな色やデザインのものが多く、他のブランドとも合わせやすいのが特徴です。

キャップ

「プリンステニスウェア アメリカンキャップPH576」は、

  • 綿100%素材で、肌が敏感な方でも使用可
  • 吸汗速乾機能/UVカット機能あり
  • 留め具部分が金具なので、マジックテープよりも長持ち

サンバイザー

「プリンステニスウェア 調光サンバイザー PH509」は、

  • 抗菌防臭機能が付いているので、汗の臭いを防いでくれてプレイ中も気にならない
  • ツバのサイズが11.5センチと長めで、紫外線カットに優れている
  • 視界を妨げないようにツバの部分は透けている

ルコック スポルティフのおすすめテニス帽子

「ルコック・スポルティフ」は、1882年にフランスで生まれた歴史のあるスポーツブランドです。
ロゴマークの鶏は、フランスの国鳥があしらわれています。
スポーツ用品は、機能面を重要視するあまりシンプルなデザインのものが多いですが、「定番トリコロールデザイン」「ボーダー」「花柄」など女性らしさを取り入れたテニス帽子が多いのが特徴です。

キャップ

「ルコック テニスキャップ QTBPJC02」は、

  • 水を濡らすことで冷たくなるベルオアシス素材を使用しているので、暑い日差しの下でも快適にプレイできる
  • ツバの部分には、穴の空いた型くずれ防止パネル搭載
  • 重さはたった70グラムの軽量なので、持ち運び便利

サンバイザー

「ルコックスポルティフ サンバイザー QTALJC01」は、

  • 定番のトリコロールラインがツバ部分に入っているだけのシンプルデザインなので、どんなウェアにも合わせやすい
  • フロントサイドにはメッシュ素材が使用されていて、通気性に優れている

【まとめ】お気に入りのテニス帽子を見つけて、テニスライフを楽しもう

テニス帽子の種類やそれぞれのメリット・デメリットを紹介しました。
今回述べた3つのポイントを踏まえて、自分好みのテニス帽子を選んでみてください。
ぜひテニスライフを楽しみましょう!